消費者金融は本当に危ないのか?

日本では、消費者金融業者を取り締まる法律ができ、改正が何度か行われたのにもかかわらず、今日に至るまで消費者金融は危ない存在として認識される状態が続いています。これは、危ない消費者金融業者による悪質な実態がテレビや新聞の報道を通じて広く共有されているのが大きな理由です。

消費者金融は、テレビや雑誌に広告を出しているような比較的大きな業者であれば、危険性は少ないです。このような業者は、貸金業法の規定に基づいて登録を受け、業界団体にも入会しています。そのため、延滞が長期にわたっているといった明白な理由がない限り、厳しい態度で臨んでくることはありません。

一方、大手以外の消費者金融からお金が借りる場所を選ぶ場合は、危ない消費者金融業者ではないかどうかをよく確認した上で申し込む必要があります。もし、他の業者と比べてかなり甘い貸付条件を提示していたり、ホームページや広告に掲載されている情報があまりにも少なければ、危ない業者である可能性が高く、うっかり申し込んでお金を借りてしまうと、強引かつ厳しい取り立てにあうおそれがあります。

また、連絡先電話番号が090や080といった携帯の番号となっている業者や、貸金業登録番号などといった法律で義務付けられている表示がない業者も、危ない消費者金融です。理由は簡単で、どちらも貸金業法に違反する行為であるからです。もし、このような業者を知ったら、お金の借り入れを申し込むのではなく、警察に通報するようにしましょう。
消費者金融審査一覧ランキング!審査甘いは注意!惑わされず借りる!はこちら

Categories: 消費者金融 Tags: タグ: ,